介護

【主任ケアマネ監修】初心者でもすぐわかる特定疾病(とくていしっぺい)

介護保険サービスが利用できるのは、要介護・支援状態にある「65歳以上の高齢者」と「40歳から64歳までの特定疾患(とくていしっぺい)の患者」です。

介護サービスは、40歳以上の方が納める税金の介護保険料と国・自治体の税金によって、0~3割の自己負担で受けられます。

 

残念ながら、40歳から64歳までの方は、介護が必要な状態になったとしても、介護保険制度の下で介護サービスを受けることはできないのです。

なぜなら、40歳から64歳まで方が保険適用で介護サービスを利用するには、「特定疾病(とくていしっぺい)」が原因でないといけないからです。

では、「特定疾病(とくていしっぺい)」とは、何なのか?を説明します。

この記事でわかる事
  • 特定疾病(とくていしっぺい)とは何なのか?
  • 特定疾病(とくていしっぺい)とはどんな病気なのか?

 

ひよこちゃん
ひよこちゃん
漢字が並んでて難しそうだな~
にわとりくん
にわとりくん
大丈夫!僕もそうだった。でも、わかりやすく説明するね!

介護保険における特定疾病とは

基本的に介護保険は、老化の度合い」を目じるしにしています。

このため、特定疾病の判断においても、老化が原因であるということがポイントです。

その他の原因(例えば、外傷によるもの等)では、介護保険は適用されません。

厚生労働省の考え方では、

特定疾病とは、心身の病的加齢現象との医学的関係があると考えられる疾病であって次のいずれの要件をも満たすものについて総合的に勘案し、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因し要介護状態の原因である心身の障害を生じさせると認められる疾病である。

1) 65歳以上の高齢者に多く発生しているが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる等、罹患率や有病率(類似の指標を含む。)等について加齢との関係が認められる疾病であって、その医学的概念を明確に定義できるもの。

2) 3~6ヶ月以上継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病。

とあります。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
どういうこと?難しすぎる~

 

わかりやすく説明すると
  1. 身体が老いていく原因が、病気が関係している。
  2. その病気が、高齢者に多く発症している。
  3. その病気が原因で、長期間の介護が必要な状態になる確率が高い。

ということです。

特定疾病(とくていしっぺい)には、16種類の病気があげられます。

16種類の特定疾病を分かりやすく説明

16種類ある特定疾病(とくていしっぺい)を、症状が発症しやすい身体の部位ごとに分けてわかりやすく説明します。

大きく分けると「全身」「関節」「脳」「骨・神経」「血管」「肺」の6つに分けることが出来ます。

全身

がん(末期)

末期がんとは、“治療方法がほとんどない、または、通常のがん治療では身体の体力を奪って死期を近づけてしまう状態”――。

つまりは「これ以上の治療はできない」と医師に宣告された状態です。

早老症(そうろうしょう)

早老症(そうろうしょう)とは、”早期老化症”とも呼ばれる、老化が実際の年齢よりも早く、全身にわたってみられる病気です。

早老症に分類される病気に共通して見られる症状は、”実年齢よりも早くみられる老化徴候(見た目の変化)“です。

その老化現象は急速に進んでしまうことが一番の特徴です。

原因は、“体細胞分裂の不全に伴う染色体異常に起因するタンパク質の異常化”といわれています。

つまり、成長に伴って細胞が分裂する時、染色体に異常が生じ、通常通りの細胞分裂が出来なくなるのです。

老化が進むにつれて、若年性の白内障や、糖尿病、早発性の動脈硬化、脂質異常症、悪性腫瘍(かんようけいあくせいしゅよう)などの合併症により、死に至ることもあります。

糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症

糖尿病神経障害がなぜ起こるかは、まだはっきりわかっていません

高血糖によって毛細血管の血流が悪くなり、神経細胞に必要な酸素や栄養が不足するために起こるという説やその他の説もあり、今だ、理由は明らかになっていません。

関節

関節リウマチ

関節リウマチとは、免疫の異常により関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気です。

腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても痛みが生じます。

比較的、女性に起こりやすい病気で、完全に病気の原因がわかっていませんが、免疫系(細菌などから体を守るシステム)に異常があることだと知られています。

両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

変形性関節症は、関節を構成する骨の間にある軟骨が劣化により関節に痛みや腫れが生じ、最終的には関節の変形をきたす変形性の病気です。

膝や足の付け根、肘、肩などの関節に痛みや腫れなどの症状がみられ、関節炎を引き起こします。

特定疾患では、特に膝関節や股関節の変形によって、著しい痛みや歩行困難となる状態が該当します。

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵される病気です。

「手や足、顔など」の身体を自分の思い通りに動かす時、必要な筋肉を支配する神経が運動ニューロン(神経細胞)と言います。

歩いたり、物を持ち上げたり、飲み込んだりするなど、いろいろな動作をするときに、脳の命令を筋肉に伝える役目をしています。

この運動ニューロンが侵されると、筋肉を動かそうとする信号が伝わらなくなり、筋肉を動かしにくくなり、筋肉がやせ細ってしまうのです。

症状としては、四肢の筋力低下・嚥下障害・呼吸困難・認知症の発病などがあります。

初老期における認知症

若くても、脳血管障害や若年性アルツハイマー病の為に認知症を発症することがあります。

65歳以下の認知症を若年性認知症と呼ぶことが多いです。

しかし、正式には「18~44歳に発症した場合を若年期認知症」「45~64歳に発症した場合を初老期認知症」といいます。

記憶障害や失語・失行・失認などが起こります。

進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病

進行性核上性麻痺とはパーキンソン症候群の一つです。

歩行障害や運動障害、認知症などの様々な症状を起こす病気です。

 

パーキンソン病とは、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。

体を動かそうとすると、脳の「大脳皮質」から全身の筋肉に、運動の指令が伝わります。

この運動の指令をしているのが神経伝達物質の「ドパミンです。

 

ドパミンは、脳の奥の「黒質」にある「ドパミン神経」でつくられています。

パーキンソン病になると、このドパミン神経が減少し、ドパミンが十分につくられなくなります。

その結果、運動の調節がうまくいかなくなり、体の動きに障害があらわれるのです。

脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)

脊髄小脳変性症とは、はっきりとした原因がないままに、小脳とその周辺の神経細胞が変性して、運動失調をきたす病気です。

小脳は後頭部の下側にある脳の一部です。

その主な役割は、運動と知覚の統合、平衡感覚、筋肉の緊張と動きの調節です。

小脳が障害されると、歩行時にふらついたり、細かい運動ができなかったり、お酒に酔ったようなしゃべり方になったりします。

このような症状を「運動失調」と呼びます。

多系統萎縮症(たけいとういしゅくしょう)

多系統萎縮症とは、非遺伝性(後天性)な脊髄小脳変性症の代表的な病気で、発症原因やそのメカニズムは、まだ分かっていません。

脳内にある中枢神経細胞にふくまれるグリア細胞(神経の伝達などを行う細胞)のうち、オリゴデンドログリアとよばれる細胞に異常をきたしています。

オリゴデンドログリアは、神経細胞の外側を覆う軸索を作り出す働きがありますが、この働きに異常をきたすため、神経の伝達機能に異常をきたします。

系統萎縮症は、3つの疾患に分かれていると考えられています。

1.線条体黒質変性症

代表的な症状として、「表情に乏しい、筋肉がかたくこわばる、動作が遅くて緩慢になる」などがあります。

2.オリーブ橋小脳萎縮症

起立時・歩行時のふらつき、呂律が回らない、手先の細かい正確な動きの障害」などがみられます。

これらは小脳性運動失調とよばれ、例えば、箸を使う、ボタンをかける・外す、字を書くなど、普段は意識しないで行うことができる日常生活動作が、上手く出来なくなります。

3.シャイ・ドレーガー症候群

起立性低血圧や立ちくらみ、尿失禁などの自律神経の障害による症状」がみられます。

この他、汗をかかない、睡眠時無呼吸やいびき、男性であればインポテンツなどの症状もあります。

骨・神経

後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)

椎体の後面に付着している後縦靭帯が骨化する(骨に変性する)疾患です。

女性よりも男性に多く見られます。

上肢、下肢のしびれで始まることが多く、進行すると手先の細かい動作が困難になり、排尿障害(頻尿や尿が出にくいなど)から歩行障害へと進行していきます。

骨折を伴う骨粗鬆症(こつそそうしょう)

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。

骨は生きていて、同じように見えても、新たに作られたり(骨形成)溶かして壊されたり(骨吸収)を繰り返しています。

骨粗鬆症は、このバランスが崩れ、骨がスカスカになってしまいます。

骨粗鬆症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱管狭窄症とは、背骨の変形や椎間板のふくらみなどにより、脊髄の神経が通る脊柱管が狭くなり、それによって神経が圧迫されることから起こる病気です。

腰痛、太ももや膝から下の痛み・しびれが起こります。

進行すると、歩行が困難になり、排便・排尿の障害が起こる場合もあります。

血管

脳血管疾患

脳血管疾患とは、脳の血管のトラブルによって、脳細胞が破壊される病気の総称です。

脳血管疾患には「出血性脳血管疾患」と「虚血性脳血管疾患」の2つのタイプがあり、これらは「脳卒中」とも呼ばれています。

1.出血性脳血管疾患

脳の血管が破れて出血することから起こるものです。

脳の奥深くの細い血管に加齢や高血圧によって小さなこぶができて、これが破裂して出血が起こる「脳出血」、頭蓋骨の下で脳の表面を保護している「くも膜」という膜の下で出血が起こる「くも膜下出血」の2つです。

2.虚血性脳血管疾患

脳の血管が詰まることによって脳への血流が悪くなり、脳細胞が酸素不足・栄養不足に陥るもので、代表的なものは「脳梗塞」と「一過性脳虚血発作」です。

一過性脳虚血発作では、血管の詰まりは一時的なもので、脳梗塞は完全に血管が詰まります。

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化が四肢の動脈、特に下肢動脈に高頻度に起こります。

閉塞性動脈硬化症の症状は、血管が動脈硬化によって狭くなり、つまってしまうことで血流が悪くなり、種々の症状が起こってきます。

症状として、歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じます。

慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)

慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。

タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。

歩行時や階段昇降など、身体を動かした時の息切れといった呼吸困難や慢性のせきやたんが、特徴的な症状です。

【主任ケアマネ監修】初心者でもすぐわかる特定疾病まとめ

介護保険における、特定疾病とはどういったモノなのかを説明しました。

医療に関わる分野は、深く学ぶことをおススメします。書籍やサイトを参考にしながら学んで下さい!

ひよこちゃん
ひよこちゃん
「現場ではなかなか学んだ知識を使うことがないじゃないですか?」

そう思われているそこの貴方!!

にわとりくん
にわとりくん
「現場で使うからこそ、知識を学ぶのです!」

高齢者の方を支援(サポート)する介護という仕事は、命を預かるという側面も持ち合わせています。

高齢者の方の命を預かる身だからこそ、知識をつけ、いついかなる時でも対応ができる能力を身につけましょう。

そして、知識は自信に繋がります。

知識が豊富で、自信がみなぎる介護士は高齢者の方だけでなく、周りの職員・上司からも貴重な存在と思われます。

にわとりくん
にわとりくん
漢字が並ぶと難しいと感じるけど、その病気が身体の部位でどんなこと起こしているのかを知ると、現場での支援に役立つよ!!