介護保険サービス

介護保険サービスの種類と内容 ~地域密着型サービス編~

介護保険サービスとは、要介護・支援状態にある「65歳以上の高齢者」と「40歳から64歳までの特定疾患の患者」が、介護保険料と国・自治体からの財源によって、0~3割の自己負担で受けられるサービスです。

  • 単に身の回りの世話だけでなく、自立をサポートする「自立支援
  • 介護サービスを自由に選択し、受けることができる「利用者本位
  • 40歳以上の人が保険料を支払い、介護が必要になった時にサービスを受けられる「社会保険方式

介護保険サービスは、3つの柱を基本に成り立っています。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
どういうこと??
にわとりくん
にわとりくん
自分で出来る事は自分でして出来ない事を支援し、受けたいサービスを自分で自由に決め、 40歳以上の保険料で介護サービスが受けられるってこと!

すべての高齢者の方がその人らしく、自立した生活を送れるように介護士等が支援(サポート)をします。

介護保険サービスは、大きく分けて「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の3種類があります。

ここでは、「地域密着型サービス」について説明します。

 

地域密着型サービスを分かりやすく説明!

地域密着型サービスとは?

地域密着型サービスは、平成18年の介護保険制度改正時に、作られました。

認知症高齢者の方や要介護の高齢者の方が、介護度が重くなっても長年住み慣れた地域でいつまでも生活できるよう支援することが目的のサービスです。

利用人数が少ない小規模施設や滞在時間は短いが多く回数を利用出来る訪問介護サービス等、高齢者の方の要望にきめ細やかに対応ができるという特徴があります。

にわとり
にわとり
  • 人数が少ない施設だと穏やかに過ごせる。
  • 利用回数を気にしなくてもいい。
  • 自分の要望にしっかり対応してくれる。

という事が、いいね~

 

高齢者の方が長年住み慣れた市町村で、その市町村ならではのサービスを提供することを目的にしている為、介護支援事業者の指定や監督は市町村が行います。

地域密着型サービスを利用できる高齢者の方は、その市町村に住まわれる住民の方に限られます。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
自分が住んでいる所でしかサービスを受けられないんだ~

 

  1. 高齢者の方が必要としているサービスを提供する。
  2. 365日24時間、顔なじみの介護士等による継続的な支援(サポート)の徹底。
  3. 高齢者の方が住み慣れた市町村で支援(サポート)が受けられる。
  4. 家族・介護サービス提供事業者だけでなく、市町村とも関係を作り、支えあう。

地域密着型サービスはサービスの質の向上の為「サービス評価」と「運営推進会議」が義務つけられています。

にわとり
にわとり
わかりやすく言うと、

サービス評価とは、きちんとサービスが出来ているのか?

運営推進会議とは、サービスが十分に出来ているのかを話し合う会議。

ということです。

 

では、地域密着型サービスとは、何なのか?をより詳しく説明していきます。

 

地域密着型サービスの種類を詳しく説明

地域密着型サービスは高齢者の方・家族の方の悩みや問題など様々な状況に対応します。

大まかに分けると「訪問・通所型サービス」「認知症対応型サービス」「施設・特定施設型サービス」に分かれています。

各サービスの内容や特徴、メリット・デメリットなどを説明します。

訪問・通所型サービス

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護とは、施設への「通い」を中心に、短期間の「宿泊」、自宅への「訪問」を組み合わせて、生活支援や機能訓練を1つの事業所で行えるというサービスです。

従来では、サービスを受ける為には、「通い」「宿泊」「訪問」ごとに事業所との契約が必要でした。

にわとり
にわとり
各サービスの専門の所と契約が必要なんだ!

 

サービスを提供してくれる事業所を探す苦労や支援をしてくれる介護士等の職員との信頼関係を築くために時間がかかるなどと言った問題が付きまとっていました。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
いろんな所を探すのも面倒だし、いい職員がいるかもわからないもんな~

上記の問題を解消してくれるのが、「通い」「宿泊」「訪問」のサービスが三位一体となったのが、「小規模多機能型居宅介護」なのです。

利用料金は定額制(宿泊費・食費は別途)で、施設の利用定員を超えなければ、利用回数は無制限です。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
料金定額制+利用回数無制限ってすごい~

 

「家族が体調を崩してしまったので、デイサービス利用後そのまま、宿泊したい」という要望でも対応することができるという特徴があります。

 

メリット
  1. 「通い」「泊まり」「訪問」の全てのサービスが一つ(施設)で受けることができる。
  2. 利用料金の定額制であり、条件を満たせば、利用回数は無制限で利用できる。
  3. 少人数制なので、高齢者の方一人ひとりに寄り添った支援(サポート)が受けられる。
  4. 全てのサービスが一つ(施設)で行われるため、職員(介護士や看護師など)と顔なじみになり、信頼関係を築きやすい。

 

デメリット
  1. 事業所(施設)専用のケアマネージャーへ変更する必要がある。
  2. 全てのサービスが一つ(施設)で行われるため、部分的なサービスを使うことができない。
  3. 今まで利用していた、居宅サービス(通所介護や訪問介護など)が利用できない。

 

看護小規模多機能型居宅介護

看護小規模多機能型居宅介護とは、「小規模多機能型居宅介護」と「訪問看護」を足したイメージです。

「通所・宿泊・訪問」の一体的なサービスに医療的な処置ができる看護が追加され、介護・看護の両面から高齢者の方に支援(サポート)を行うことが出来ます。

にわとり
にわとり
医療面が追加されて、介護と看護が合体した感じだよ~

 

 

メリット
  1. 小規模多機能型居宅介護のサービス内容と看護師による医療面での支援が受けられる

 

デメリット
  1. 看護小規模多機能型居宅介護は全国でもまだ少数で、市町村によっては実施していない所もある。
  2. 利用できる人数に限りがあり、利用定員を超えてしまうと利用できない。

 

夜間対応型訪問介護

夜間対応型訪問介護とは、利用される高齢者の方が24時間安心して生活が出来る様に支援(サポート)するサービスです。

夕方18時~朝8時までの夜間帯に介護士等が自宅に訪問し、排泄・食事・安否確認等を行ってくれます。

にわとり
にわとり
夜間でも介護士が駆けつけてくれるよ!
サービス内容
  • 定期巡回サービス

あらかじめ、決められた時間に介護士等が自宅に訪問するサービス。

  • 随時対応サービス

急変時など、コール端末からの通報で介護士等が自宅に訪問するサービス。

サービス時間帯であれば何度でも利用が可能。しかし、その都度料金が発生してしまう。

  • オペレーションセンターサービス

高齢者の方から通報があった場合、オペレーターが必要に応じて、介護士等の派遣・主治医への連絡・救急車の要請などを行います。

随時対応サービスの窓口であり、急変時の対応手順の説明や高齢者の方の話し相手になる等、多岐にわたるサービスを受けることが出来る。

高齢者の方にケアコール端末が配布され、業者により無料取り付けをしてもらえる。

 

認知症対応型サービス

認知症対応通所介護

認知症の高齢者の方に特化した通所介護(デイサービス)です。

通常の通所介護と違い、利用高齢者の定員が12名以下です。介護士等の人員配置が手厚いという特徴があります。

認知症の高齢者の方が安心して、穏やかに生活が出来る様に配慮されています。

認知症に関する専門家による支援(サポート)を受けることが出来ます。

 

認知症対応共同生活介護(グループホーム)

認知症の高齢者の方が、少人数5~9名で共同生活をする施設です。

掃除や洗濯、炊事といった日常生活を介護士等の支援(サポート)を受けながら、生活していきます。

 

メリット
  1. 少人数での生活なので認知症高齢者の方が落ち着いて生活できる。
  2. 認知症に関する専門家の支援(サポート)を受けることができる。
  3. 掃除・洗濯・炊事といった家事を介護士と一緒に行うことで、認知症の改善・進行の緩和が期待できる。

 

デメリット
  1. 通院時などは、家族の協力が必要になってくる。
  2. 医療ケアが充実していない為、医療依存度が高い高齢者の方はサービスを利用できない可能性が高い。
  3. 施設数が少ない為、長い時間待たなければならない。

 

施設・特定施設型サービス

特別養護老人ホームの様に、施設に入居し介護士等の支援(サポート)を受けるサービスです。

特別養護老人ホームとの大きな違いは、入居定員が30名以下という小規模な施設ということです。

サービス内容は、特別養護老人ホームと変わりありません。

 

地域密着型サービスのまとめ

介護サービスにおける、「地域密着型サービス」についてわかりやすく説明しました。

高齢者の方が住み慣れた市町村で24時間安心して生活が出来る様にという目的のもと提供される介護サービスです。

従来の介護サービスでは対応できなかったところが対応できるという最大の特徴があります。