介護

たった3分で読める、にわとりのプロフィール

すはじめまして。にわとりです。

このサイトにわざわざ足を運んで、いただきありがとうございます。

カップラーメンができあがる程度で、自己紹介させて頂きます。良かったら読んで下さい。

にわとり
にわとり
それでは、自己紹介スタート!

にわとりプロフィールさくっと紹介

  1. 1981年11月生まれ(酉年)
  2. 職業:介護福祉士
  3. 業種・業界:高齢者介護・デイサービス(通所介護)
  4. 職種:デイサービス(通所介護)部門管理・運営
  5. 役職:デイサービス(通所介護)部門統括管理責任者

にわとり
にわとり
にわとりです。どうぞよろしくお願い、いたします。

デイサービス(通所介護)部門統括責任者です

私は、介護福祉士として毎日高齢者の方と一緒に生活しています。

高齢者の方に心を開き、高齢者の方が安心して暮らせる為のサポートが仕事です。

時には、理不尽な事も起こりますが、毎日笑顔で・楽しく過ごしています。

 

にわとり
にわとり
毎日、笑顔で元気な挨拶をしています。大声で!

にわとり
にわとり
毎日、浮いています(笑)笑われています(笑)

 

私の介護ポリシーは、「明るく、笑顔で、元気よく」です。

サービスを利用される高齢者の方、一緒に働くスタッフが「明るく、笑顔で、元気よく」

日々生活を送る事が最高の幸せです。

 

何故なら、

デイサービス(通所介護)を利用される高齢者の方が笑顔で、従業員が明るく・元気働いて

いることで、デイサービス(通所介護)の業績をぐんぐん伸ばすことができるからです。

私の夢は日本一の介護士になることです。

介護と言う仕事に就き、10年が経ちました。「10年」が長いのかどうか!?

介護と言う仕事は「10年」やって一人前と言われています。

 

厚生労働省が発表している「介護労働の現状」を見てみると、

介護職平均勤続年数は「11.9年」

ひよこちゃん
ひよこちゃん
まだまだ、ひよっ子(ひよこ🐣)だな(笑)

 

そんな、私の夢は「日本一人を笑顔にすることができる介護士」になることです。

出会う全ての高齢者の方。全てのご家族の方。一緒に働くスタッフ。

私と関わる多くの人に笑顔になってもらえる様な介護士になることです。

 

暗く・元気のない介護という業界を変えたいのです。

 

にわとりがデイサービス管理者になるまで

僕が、デイサービスの管理者になるまでにいろいろな道のりがありました。

いろいろ事情がある人でした(笑)

 

「保育士」という夢にやぶれる

僕は、「保育士」になる事を目指していました。

保育士とは保育園の先生のこと。0歳から5歳までの子ども達が社会性を学び、

食事や睡眠、排泄、清潔さ、衣服の着脱等といった基本的な生活習慣

を身につける為の、重要な役割を担っています。

そんな、やりがいに満ちた保育士を夢見ていたのですが、

理想とは裏腹に、女性社会である保育の世界に馴染めませんでした。

当時は、男性が「保育士」になる事が珍しく働いていた保育園には、男性は僕一人でした。

にわとり
にわとり
先輩保育士とうまくやっていけなかったな~

高齢者介護との出会い

毎日、仕事に行くのが嫌になって保育園を辞めようと思っていた時、

「特別養護老人ホームの新規立ち上げ事業を手伝わないか?」と誘いがありました。

高齢者介護との出会いでした。

右も左もわからないまま、高齢者介護の世界に飛び込みました。

ヘルパー資格の取得から始まり、近隣施設の現場実習・マニュアルの作成等の準備。認可書類作成。職員募集・面接。

と言った業務を経て、

特別養護老人ホーム併設型デイサービス副リーダーとして介護職をスタートさせました。

 

介護ど新人に副リーダーを任せる施設も珍しいのですが・・

しかし、当時の僕はやる気満々でした。利用者獲得の為に、近隣老人会・自治会挨拶回り。

ポスティング・ビラ配り、地域行事への参加等、奔走していました。

 

本人のやる気とは裏腹に、介護未経験の者が簡単に現場をまとられる程、

介護の世界は甘くはありませんよね。

周りの職員との衝突。上司との考え方の相違。「自分は間違っていない」という傲慢さが原因で退職する事になりました。

 

その後、職を転々とする日々が続きました。。。

どん底人生から再起。

辛抱強くない性格の為、仕事が長続きしませんでした。

自動車営業販売・カラオケ店員・喫茶店・土木作業員・バーテンダー・運送員

30歳を手前に、自分は何がしたいのか分からず人生に絶望してしまい

引きこもりになってしまいました。

 

そんな僕に友人の一言が、

「やりたい事が見つからないのであれば、介護を極めてみたらいいじゃないか」

その言葉に、力づけられ介護と言う仕事を1から学び直そうと、

家から一番近いデイサービスに履歴書を持っていきました。

1から学び直した介護

履歴書を持って行ったのは、独立型のデイサービスでした。

送迎、入浴介助、排泄介助、食事介助、レクリエーション業務を

毎日毎日、繰り返しました。

にわとり
にわとり
お局介護士が怖かったな~

厳しく指導されたおかげで、身体介護に必要なスキルを学ぶことができました。

ある日僕は、介護スキルをステップアップさせる為にはどうすればいいのかと、

考え始めました。

生活相談員に興味が沸いた瞬間でした!

未経験からの生活相談員スタート

当時働いていた職場では、生活相談員への昇格が難しいと判断し、求人を探すと、

未経験でもいいと言う特別養護老人ホーム併設型デイサービスを見つけました。

 

当時、相談員の仕事で一番苦労したことは仕事が多岐にわたる。という事でした。

利用者・家族面談、苦情の処理、ケアマネージャーとの連携

売り上げ・稼働率と言った営業活動。介護職員マネージメント。

新米相談員なので、介護業務も兼務で、入浴介助毎日していました。

にわとり
にわとり
介護職員をまとめようと必死だったな~。

相談員になって2年が過ぎた頃、知り合いの福祉用具専門相談員の方に

「取引先のデイサービスで管理者を探しているから、やってみないか?」

と誘いを受けました。

管理者5年を迎えて

管理者という、デイサービスに関わるすべての職員や利用者の方をまとめる

立場になり5年。ほんとうに、日々勉強です。

管理者の立場に必要なスキル

  • 職員を取りまとめる能力
  • 日々変化する利用者の状況を把握する能力
  • 他部署との連携を図るコミュニケーション能力

人の上に立つ立場の人にとって上記のスキルは共通して必要になるモノだと

確信しています。

 

僕が経験した事・学んだ事・失敗した事・成功した事すべてを残していきます。

初めて管理者や相談員や介護リーダーといった、人の上に立つ管理職に就く方

もしくは、管理職1~2年生の新人の方

が見た時に、「分かりやすい説明書みたいだなぁ!」と思ってもらえる様な

サイトになれたら嬉しいです。

にわとり
にわとり
目指せ!介護のトリセツ!