介護

介護保険サービスの種類と内容~居宅サービス編~

介護保険サービスとは、要介護・支援状態にある「65歳以上の高齢者」と「40歳から64歳までの特定疾患の患者」が、介護保険料と国・自治体からの財源によって、0~3割の自己負担で受けられるサービスです。

  • 単に身の回りの世話だけでなく、自立をサポートする「自立支援
  • 介護サービスを自由に選択し、受けることができる「利用者本位
  • 40歳以上の人が保険料を支払い、介護が必要になった時にサービスを受けられる「社会保険方式

介護保険サービスは、3つの柱を基本に成り立っています。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
どういうこと??
にわとりくん
にわとりくん
自分で出来る事は自分でして出来ない事を支援し、受けたいサービスを自分で自由に決め、 40歳以上の保険料で介護サービスが受けられるってこと!

すべての高齢者の方がその人らしく、自立した生活を送れるように介護士等が支援(サポート)をします。

介護保険サービスは、大きく分けて「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の3種類があります。

ここでは、「居宅サービス」について説明します。

居宅サービスを分かりやすく説明すると?

居宅サービスとは?

居宅サービスとは、高齢者の方が自宅に居ながら介護士等の支援(サポート)が受けられる介護サービスのことです。

また、施設等に入っていても、そこが居宅と見なされる場合は、そこでの介護士等の支援(サポート)は居宅サービスに含まれます。

 

居宅サービスの種類とは?

居宅サービスは、大きく分類分けすると4つの分野に分けられます。

「訪問分野」「通所分野」「入所分野」「福祉用具分野」です。

高齢者の方の悩みや生活環境に合わせて、専門的なサービスを選択することができます。

「訪問分野」「通所分野」「入所分野」の3つの分野はさらに、日常生活の支援(サポート)を行う「介護」高齢者の方の健康管理を行う「看護」も選択することができます。

「福祉用具分野」では、購入とレンタルを選択することができます。

では、各分野をより詳しく説明していきます。

 

訪問分野サービス

高齢者の方の自宅に介護士等が訪問し、日常生活の支援(サポート)を行うサービスや健康管理・健康維持を行うサービスなど、受けることができます。

訪問介護

訪問介護とは、訪問介護士(ホームヘルパー)などが高齢者の方の自宅に直接訪問して、入浴、排せつ、食事等の支援(サポート)などの「身体介護」調理、洗濯、掃除等の家事といった「生活援助」を行うサービスです。

「身体介護」具体例
  • 食事介助:高齢者の方に安全に食事が出来る様に支援をすること
  • 入浴介助:高齢者の方に安全に入浴が出来る様に支援をすること
  • 清拭:入浴ができない場合などに体を拭いて清潔にすること
  • 排泄介助:トイレでの排泄やおむつの交換などの支援をすること
  • 歩行介助:自分の足で歩くことが出来る様に支援をすること
  • 更衣介助:衣類の着脱など着替えの支援をすること
  • 体位変換:ベッド上などで、長時間同じ姿勢にならない様に身体の向きを変えること
  • 移乗介助:ベッドから車いす、車いすからトイレなどの際に支援をすること

また、定められた研修過程を修了する等、一定条件を満たすことで、訪問介護士が「たんの吸引」などを行うことが可能になりました。

 

生活援助とは、高齢者の方が日常生活に必要な家事を行うことが困難な場合に受けることが出来る、日常生活支援のことです。

「生活援助」具体例
  • 掃除:リビング、寝室、浴室、トイレなど高齢者の方が日常生活で必要となる部屋の掃除
  • 洗濯:洗濯、洗濯物干し、洗濯物の取り入れ、タンスへの収納、アイロンがけ
  • 食事の調理・配膳下膳:調理、食事の準備、下膳・配膳
  • 買い物:日用品や食材の買い物代行
  • 受診手続き:病院の付き添いや薬の受け取り代行など
  • ゴミ出し:所定のゴミ収集場所へのゴミ出し

 

 

訪問入浴介護

訪問入浴介護とは、専門の入浴介護員3名(基本的には介護士2名、看護師1名)が、組み立て式の簡易型浴槽を自宅に設置し、その浴槽にお湯を溜めて入浴の支援を行います。

簡易型浴槽の大きさは、一般家庭にある浴槽とほぼ同じくらいの大きさです。

リビングや居間など、浴槽が置けるスペース(おおよそ畳2枚分ぐらい)が確保できればどこにでも設置することができます。

自宅の浴槽に1人で入ることが困難な高齢者の方や、家族の介護負担が大きい為定期的に入浴を行うことが難しい高齢者の方に、自宅でゆっくりと入浴ができるサービスです。

 

訪問看護

訪問看護とは、看護師が高齢者の方の自宅に訪問して、高齢者の方の病気に応じた看護を行うことです。

健康状態の悪化防止や、回復に向けてお手伝いします。

主治医の指示を受け、病院と同じような医療処置も行いますし、自宅で最期を迎えたいという希望に沿った看護も行います。

「訪問看護」具体例
  • 身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの身体介護や指導
  • 血圧・体温・脈拍などの健康管理
  • 医師の指示による医療処置
  • 医療機器の管理(在宅酸素、人工呼吸器などの管理)
  • がん末期や終末期などでも、自宅で生活が出来る様に適切なターミナルケア
  • 床ずれ(褥瘡)防止の工夫や指導、床ずれ(褥瘡)の手当て
  • 四肢の拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等の在宅リハビリテーション
  • 認知症高齢者介護の悩み相談やアドバイス
  • ご家族等への介護支援や病気の相談
  • 低栄養や運動機能低下などへのアドバイス

 

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション(以下、訪問リハビリ)とは、高齢者の方が自宅で生活していく上で、自分で出来ることを増やしたり、生活範囲を広げたりするために、理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職が自宅に訪問しリハビリテーションを提供するサービスです。

高齢者の方が、自宅で生活がしやすい様に調整する役割を持ち、自宅での自立支援に効果的です。

「訪問リハビリテーション」具体例
  • 歩行、寝返り、起き上がり、立ち上がり、座るなど基本的動作の訓練
  • 麻痺の改善や褥瘡予防の為のマッサージ
  • 食事、排泄、着替えなどの日常生活動作の訓練
  • 福祉用具の活用方法や住宅改修のアドバイス
  • 言語機能、嚥下機能の訓練
  • ご家族へ介護方法の指導

 

居宅療養管理指導

居宅療養管理指導とは、医師や歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが通院困難な高齢者の方の自宅を訪問し、療養上の管理・指導を行なうサービスです。

医師・歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士などの専門職が、自宅に訪問して、高齢者の方およびその家族に対して在宅での生活での注意点などを指導します。

医師や歯科医師による指示で必要に応じて看護師などから医療行為を受けることはあるが、医師による医療行為は行われません

 

通所分野サービス

高齢者の方が施設に通い、入浴・健康管理・リハビリ・食事・余暇を楽しむレクリエーションなどのサービスを受けることができる。

通所介護(デイサービス)

日帰りで、主に在宅で介護を受けている高齢者が専門サービス施設に通って、専門家による生活支援サポートプログラムを受ける事ができるサービスです。

身体を動かすことや、仲間ができる社交の場を提供することで気分のリフレッシュを図り、閉じこもりを防止、孤独の解消や、ストレスの軽減、精神面での維持向上を図ります。

これに加え、一定期間高齢者が家族の下から離れるので、家族の負担軽減も大きな役割となっています。

通所リハビリテーション(デイケア)

高齢者の方が通所リハビリテーションの施設(老人保健施設、病院、診療所など)に通い、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上などのリハビリを日帰りで提供します。

 

入所分野サービス

普段は自宅に住んでいるけれど、家族の方の病気や仕事などで介護をすることが困難になった場合や家族の介護疲れ防止の為に、一時的に施設に宿泊することができるサービスです。

連続して最大30日まで利用できます。

短期入所生活介護

短期入所生活介護は、食事や入浴、排泄といった生活介護と機能訓練が受けられるサービスです。

宿泊ができ、介護士のほかにも、機能訓練指導員が配置されているため、機能訓練やレクリエーションなどを受けられます。

主な施設は、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設です。

短期入所療養介護

短期入所療養介護とは、リハビリテーションや医療ケアなどの医療サービスを受けられるショートステイです。

短期入所生活介護と同じく、食事や入浴、排泄など生活介護のサービスもあります。

介護士はもちろん、看護師や医師、リハビリテーションを行う理学療法士や作業療法士などが配置されています。

主な施設は、介護老人保健施設や介護療養型医療施設などです。

 

福祉用具分野サービス

高齢者の方の、日常生活上での負担を軽減するために必要な用具を借りることができるサービスです。

車いすや特殊寝台(介護用ベット)、手すりや歩行器など12種目の用具を借りることができます。

排泄や入浴などで使用するような貸し出しに不向きな用具に関して、用具を購入することもできます。

 

居宅サービスをまとめてみると?

介護サービスにおける、「居宅サービス」についてわかりやすく説明しました。

デイサービスは居宅サービスの分野になります。

高齢者の方が、自宅で生活しながらも専門的な支援(サポート)が受けられることが最大の特徴です。

住み慣れた自宅で最後の日まで生活がしたいと思われている高齢者の方が多くなっている今、居宅サービス(デイサービス含む)にかかる期待は大きなものになっています。