介護

介護保険サービスの種類と内容 ~施設サービス編~

介護保険サービスとは、要介護・支援状態にある「65歳以上の高齢者」と「40歳から64歳までの特定疾患の患者」が、介護保険料と国・自治体からの財源によって、0~3割の自己負担で受けられるサービスです。

  • 単に身の回りの世話だけでなく、自立をサポートする「自立支援
  • 介護サービスを自由に選択し、受けることができる「利用者本位
  • 40歳以上の人が保険料を支払い、介護が必要になった時にサービスを受けられる「社会保険方式

介護保険サービスは、3つの柱を基本に成り立っています。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
どういうこと??
にわとりくん
にわとりくん
自分で出来る事は自分でして出来ない事を支援し、受けたいサービスを自分で自由に決め、 40歳以上の保険料で介護サービスが受けられるってこと!

すべての高齢者の方がその人らしく、自立した生活を送れるように介護士等が支援(サポート)をします。

介護保険サービスは、大きく分けて「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の3種類があります。

ここでは、「施設サービス」について説明します。

施設サービスを分かりやすく説明すると?

施設サービスとは?

施設サービスとは、高齢者の方が介護保険施設で介護士等の支援(サポート)を受けながら日常生活を送ることができる介護サービスのことです。

施設サービスは、大きく分類分けすると3つの分野に分けられます。

施設サービスの3つの分野

  • 「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」
  • 「介護老人保健施設」
  • 「介護療養型医療施設」

では、各分野をより詳しく説明していきます。

 

施設サービスの種類を詳しく説明

「介護保険3施設」である介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・介護老人保健施設・介護療養型医療施設は、公的施設という特色から、施設を運営する母体は地方公共団体や社会福祉法人・医療法人などに限られています。

各施設のサービス特徴やメリット・デメリット、入居基準などを説明します。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設とは、特別養護老人ホームのことを指します。

特別養護老人ホームでのサービスの特徴として、365日24時間介護士等の支援(サポート)を受けることができることです。

起床から支援(サポート)が始まり、洗顔・整髪、口腔ケア、食事、入浴・衣服の着脱、排泄、移動、余暇活動、就寝、夜間まで、高齢者の方が日常生活を安全に送ることを目的としています。

一昔前は、4人一部屋といった多床型が主流でしたが、現在は1人一部屋というユニット型が主流です。

 

 

メリット

1.入居一時金は無料で、月々の利用料金が安価である(約10万円前後)

※地方公共団体や各法人により料金は違ってきます。

2.基本的には終身で受け入れてくれる。

※特別に医療ケアが常時必要な方は受け入れ拒否される場合があります。

3.365日24時間、介護士等の施設職員が在中している為、日中夜間問わず支援(サポート)を受けることができる。

 

デメリット

1.入居する為には審査がある。

※基本的な必須基準と、各自治体や施設の基準があります。

2.入居待機者が100~300人単位でいる為、倍率が高い。

3.高齢者の方の日常生活支援(サポート)中心である為、医療においての支援(サポート)が薄い。

特別養護老人ホームに入居する為には、入居基準があります。

必須基準:要介護度3以上の65歳以上の高齢者の方。

各地方時自体や施設の基準:介護の必要性・在宅介護の困難性などを数値化。

基本的な必須基準と各地方時自体や施設の基準を照らし合わせ、優先度を決め、優先順位の高い高齢者の方から入居面談が開始されます。

 

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、老健とも呼ばれています。

老健でのサービスの特徴として、医師が常勤し、看護師が24時間体制で看護・介護支援(サポート)を提供してくれます。

医療ケアにすぐれ、医師を中心とした専門スタッフ(看護師・理学療法士・作業療法士等)が高齢者の方の状態や家庭環境を考慮に入れたプログラムを実施し、高齢者の方の在宅復帰を目的としています。

老健の運営母体の約7割が医療法人(病院等)です。

病院が運営しているということで、高齢者の方の信頼度は抜群です。

メリット

1.在宅復帰を目指すことが出来る

医師を中心とした専門スタッフが、高齢者の方一人一人の状況や家庭環境を考慮に入れ在宅復帰を目的としたプログラムを実施してくれます。

2.機能訓練(リハビリテーション)が充実している

在宅復帰を目的としている為、理学療法士や作業療法士といったリハビリテーションの専門家による高齢者の方一人一人に個別具体的で専門的な機能訓練(リハビリテーション)を受けることが出来ます。専門的なリハビリ器具も充実しています。

3.医療ケアが充実している

医療法人が運営している為、医師が常駐し、看護師も24時間体制で支援(サポート)をしてくれるので安心して生活することが出来ます。たん吸引や経管栄養といった医療的処置にも対応ができます。

4.入居初期費用が無料。月額費用も比較的安価

公的施設である為、入居初期費用が無料で月額費用も15万円前後と比較的安価で、低所得者の方等は、費用減額措置が受けられます。

 

デメリット

1.入居期間が限られている

在宅復帰が目的の為、原則として3~6カ月での退去を求められることがあります。

2.多床室が多い

4人一部屋といった大部屋が大半で、個室などでは別途料金を支払わなければならない。

3.日常生活支援(サポート)サービスが限定的である

医療面の支援が充実している一方、日常生活支援(サポート)は必要最低限の提供しかしてくれません。食事・入浴・排泄といった基本的な支援は行われますが、洗濯や買い物といった支援(サポート)は家族又は外部の業者に委託しなければなりません。

4.余暇活動が充実していない

日常生活動作リハビリなどは行われますが、余暇を楽しむという目的のレクリエーションなどは少ないです。

介護老人保健施設(老健)に入居する為にも、入居基準があります。

特別養護老人ホームほど入居基準は厳しくなく、要介護1以上の65歳以上の高齢者の方。

又は、40~64歳までの方でも、特定疾病により要介護状態になられた方は入居できます。

 

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設とは、比較的重度の要介護度高齢者の方を対象に医療ケアを提供する施設です。

介護老人保健施設同様に、医療法人が施設を運営しています。

しかし、2012年より介護療養型医療施設の新設が認められなくなり、施設数が減少しています。

厚生労働省は将来的に介護療養型医療施設を廃止する方針を出しています。

 

施設サービスのまとめ

介護サービスにおける、「施設サービス」についてわかりやすく説明しました。

自宅で生活することが難しい高齢者の方が、365日24時間施設において専門的な支援(サポート)が受けられることが最大の特徴です。

介護士や看護師等の専門的な支援(サポート)を安価で受けることが出来る為、「施設サービス」を求められる高齢者の方や家族の方がたくさんおられるので、「施設サービス」を受けるための倍率が年々高くなっています。