介護

デイサービス(通所介護)管理者の日常介護を徹底解説!

デイサービス(通所介護)の管理者の仕事を初めての方へ

「管理者って、何をしたらよいのか?」

「仕事を、どの様にしたらいいのか?」

「誰に聞けばいいのか?」

「こんなにも、する事が多いのか?」

と感じられたのではないでしょうか?デイサービス(通所介護)の管理者を経験された方の大半が感じられることです。

膨大で目も眩むような仕事量ですが、系列分けをして一つ一つ整理していくことで、

何をしたらよいのか?」という疑問が「これをしよう!」と解決されます。

どの様にすればいいのか?」という疑問が「このようにしよう!」と解決されます。

誰に聞けばいいのか?」という疑問が「あの人に聞こう!」と解決されます。

目のくらむ様な膨大な仕事量だと思われる、デイサービス(通所介護)管理者の仕事内容を6つの系列に分け、一系列ごとに内容を解説したいと思います。

 

デイサービス(通所介護)管理者の仕事を6つの系列で説明

デイサービス(通所介護)管理者の仕事を大まかに6つの系列に分けます。

系列分けとは、内容につながりのあるモノをまとめることです。

 

デイサービス(通所介護)は介護保険サービスですので、書類など決められたモノを保管する義務があります。

その書類などは1年間(年度)ごとに保管されます。ですので、時系列で仕事内容を把握することが望ましいです。

ですので、デイサービス(通所介護)管理者の仕事を「日常事務業務」「日常介護業務」「週間業務」「月間業務」「年間業務」「その他業務」の6つに分けて考えます。

では、「日常介護業務」から見ていきましょう。

 

日常介護業務を何故行わないといけないのか?

日常介護業務とは

デイサービス(通所介護)で高齢者の方に提供されるすべてのサービスのこと。

高齢者の方の送迎から排泄支援(サポート)や食事支援(サポート)など主に一般介護士が行う仕事です。

デイサービス(通所介護)管理者の業務は、事務業務介護職員の管理業務が中心です。

職員の勤務表の作成、勤務実績の確認、サービスの実施状況の把握、職員に基準を守らせるための指揮命令、職員の研修や計画、ケアマネとのやりとりや雑用など多岐にわたります。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
事務仕事がたくさんあるな~!!
ひよこちゃん
ひよこちゃん
事務仕事がたくさんあるのに何で介護士と同じ仕事をしないといけないの??
にわとり
にわとり
それは、メリットがいっぱいあるからだよ!!

 

デイサービス(通所介護)管理者が、日常介護業務を行うことのメリットから考えていきましょう。

管理者が日常介護業務を行うメリットとは?

高齢者の方の身体的・精神的状態を把握できる。

日常介護業務を行うことで、日々変化する高齢者の方の身体状態や精神状態を把握することが出来ます。

  • 高齢者の方の体調の変化
  • 顔色表情
  • 立っている時や歩いている時の状態
  • 身体の打ち身・かぶれ発赤の有無
  • 水虫の有無、褥瘡の状態、感染症の有無    など

上記のポイントを自分の目で見て、正確な身体の状態を把握することが出来ます。

また、高齢者の方の感情の起伏や日常生活での不満や不安、認知症状の進行具合などをも確認することが出来ます。

高齢者の方の身体・精神状態を正確に把握することが出来ていると、急変時の対応も迅速にでき、担当ケアマネージャーやご家族の方へいち早く報告することが出来ます。

 

管理者が高齢者の方の状態を把握する為には、現場に出て管理者自身の目で高齢者の方の姿を見ることが一番正確です。

 

職員の勤務態度や介護技術・高齢者の方への関わり方などを身近で知ることができる

管理者が日常介護業務を行うことで、

「他の職員がどのような態度で高齢者の方と関わっているのか?」

歩行介助・移乗介助・立位介助・排泄介助・食事介助等は的確か?」

ということを見ることができます。

管理者の能力の中で、人材育成力はとても重要です。

 

職員に対して、どの様な介護スキルが必要なのか?どのような態度で関わることが必要なのか?など職員一人一人に必要なことを的確に指示することが求められます。

職員(介護士)を育てるという人材育成はとても難しく、上辺だけでは他の職員にすぐに見抜かれてしまいます。

しっかりと、職員(介護士)一人一人に必要な助言や指示を出せないといけません。

 

管理者が職員の人材育成の為には、現場に出て管理者自身の目で職員(介護士)の姿を見ることが大切です。

 

職員との溝を埋めることができる

管理者の業務は、多忙です。

稼働率や売り上げなどの管理や運営上必要書類の整備、職員や高齢者の方の悩み相談。

いろいろなところに気配りや気遣いをしながら仕事をしています。

経営者との会議。新規利用者の担当者会議。パソコンに噛り付いて書類の整備。

あちらこちらに、神経を巡らせて休む暇もありません。

 

しかし、現場の職員は必ずしも管理者の仕事を理解していることはないのです。

パソコンに座って書類を作っていても「楽をしている」と思われ、会議に参加しても「さぼっている」と勘違いされ、経営者からの方針を現場の職員に伝えても反発される。

 

管理者の業務は、なかなか他の職員には理解されません

理解がされないと管理者と現場の職員との間に徐々に溝が出来てきます。

溝が深まれば深まる程、職場の雰囲気は悪くなるし、介護の質も低下します。

 

管理者が日常介護業務を行い、他の職員と同じ目線を持って仕事をする事で「現場の仕事を行いながら、事務仕事もし、経営者から厳しい言葉を言われて、大変だなあ」と管理者の業務を理解してくれます。

管理者と他の職員がお互いの仕事を理解できれば、溝がどんどんと埋まっていきます

にわとり
にわとり
高齢者の方と職員、両方をよく見る事が出来るのがメリットなんだよ!

日常介護業務内容

管理者が行う日常介護業務は、他の職員が行う介護業務と同じです。

しかし、同じ介護業務でも他の職員とは違う目線や意識を持ちましょう。

 

日常介護業務の内容と意識すべき点などをまとめてみました。

朝の挨拶

高齢者の方が、デイサービスに来られた時には元気に迎えましょう。

管理者はデイサービス(通所介護)の顔です。

高齢者の方に気持ちの良い一日の始まりを感じてもらいましょう。

その際に、高齢者の方の表情や顔色などいつもと違ったところは無いか意識しましょう。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
元気に挨拶されたら気持ちいいもんな~

利用者体調管理/血圧・体温・脈・SPO2

デイサービス(通所介護)では、高齢者の方の健康管理が必須です。

高齢者の方のバイタルサインの値を把握し、高齢者の方に異常がないかチェックしましょう。

看護師と共に正確なバイタル測定の方法を職員に指導することも大切です。

にわとり
にわとり
健康管理がデイサービスには求められます。

身体介護/排泄・口腔ケア・食事・服薬管理

高齢者の方の生活全般に必要な支援(サポート)を行い、高齢者の方が困っていることや悩みは無いか?を意識します。

なんでも話をしてくれる高齢者の方ならいいですが、なかなか本音を話してくれない高齢者の方もいらっしゃいます。

生活の支援(サポート)を行いながら、高齢者の方と信頼関係を築くことを意識しましょう。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
高齢者の方との信頼関係ってすぐにできるものじゃないよね~

リハビリ

高齢者の方のリハビリに対する意識が高まって来ています。

リハビリ特化のデイサービスやデイケアが人気の背景には、理学療法士や作業療法士等といった専門家が行うリハビリで元気になりたいという想いがあるからです。

理学療法士や作業療法士等といった専門家のような知識がなくとも、「デイサービスを利用されている高齢者の方一人一人が生活を行う上で必要なリハビリは何だろう」ということに意識を向け、リハビリに取り組みましょう。

必要に応じて、担当ケアマネージャーに相談したのちリハビリの専門家に助言を求めましょう。

にわとり
にわとり
生活を送る上でその人に必要なリハビリとは?を考えるんだよ!

レクリエーション

レクリエーションは高齢者の方が楽しみにしている時間の一つです。

その為職員(介護士)も高齢者の方に飽きられない様に日々工夫を凝らします。

しかし、毎日毎日のことなので職員(介護士)の負担になることもあります。管理者は職員(介護士)の負担軽減に目を向けることが大切です。

レクリエーションの担当になってみたり、イベントの企画・運営を行ってみたり職員(介護士)の業務負担軽減を図りましょう。

にわとり
にわとり
高齢者の方や職員と一緒になってレクリエーションを楽しむことが大切!

送迎

送迎業務にも参加し、ご家族の方とコミュニケーションを図る時間を持ちましょう。

管理者はデイサービス(通所介護)の苦情受付窓口です。

日頃から、ご家族の方とコミュニケーション図り信頼関係を構築することを意識しましょう。

にわとり
にわとり
ご家族との信頼関係も重要だよ!

排尿・排便の有無の把握

高齢者の方には、便秘の方や排尿量の少ない方がおられます。

持病の影響であったり、服薬の影響であったりといろいろですが排尿・排便を確認することで高齢者の方の健康状態を把握することが出来ます。

看護師と連携しながら排便・排尿の確認を行いましょう。

ひよこちゃん
ひよこちゃん
排便・排尿の確認も健康管理の一つなんだ~

デイサービス(通所介護)管理者の日常介護を徹底解説!まとめ

管理者が行う、日常介護業務を説明しました。

高齢者の介護業務は、「介護士の仕事であるから。」という考えは捨てて下さい。

管理者の業務は多岐にわたります。忙しいと思われることもあります。

しかし、日常介護業務も管理者の大切な仕事と位置づけることで、高齢者の方だけでなく職員に認めてもらえることが出来ます。

管理者が理解され、認められているデイサービス(通所介護)は職員間がまとまり、雰囲気が良く、高齢者の方の満足度も高いです。